幼稚園の作品発表会

his works at the kindergarten #4

先日、たろうの幼稚園で作品発表会があり、みんなで見てきました。こどもの作品は、みんな真っ直ぐでいいですね。年少→年中→年長と上がるにつれて、だんだんと目標がはっきりしている作品になっていきますが、個人的には、年少のなんだかよくわからない絵が好きですね。

上のたろうのプレートの絵は、くるまばっかりですが、結構ちゃんと描き分けられていて、ちょっと感心。ラフテレンクレーンもちゃんと書いているなあ。

(↓つづきあります)

his works at the kindergarten #2

↑これは、遠足で行った水族館のさかなを描いたそうな。家じゃ、遠足に行くときに乗った観光バスや、バスから見たパトカーなんかを描いていたけど、幼稚園じゃ一応、さかな?を描いていたよう。いろんなものが見えてくる絵ですな。

his works at the kindergarten #5

↑は、みんなで描いた絵の一部で、真ん中の赤い線の上に描いてある赤いくるま?がたろう作らしい。たろうは、幼稚園で絵を描いていても、いつも最後にしゃっ、しゃっ、しゃーっと線で塗りつぶしてしまうとのこと。本人曰く、「くるまが走っているかーんじ」らしい。(上の絵は、先生が塗りつぶすのを止めるのが間に合わなかったみたい)

≫その他の工作などはこちらでどうぞ